展覧会

木村伊兵衛と画家たちの見たパリ 色とりどり

概要

展覧会名木村伊兵衛と画家たちの見たパリ 色とりどり
会期2022年2月19日(土)~2022年3月27日(日)
休館日月曜日 (ただし、3月21日(月祝)は開館、3月22日(火)は休館)
時間10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料一 般 800(600)円
大高生・65歳以上 600(500)円
中学生以下 無料
*ご入館のための日時指定予約は必要ございません。開館時間内に直接お越しください。
*障がいのある方とその付添者1名は無料、( )内は 20 名以上の団体料金
*目黒区在住・在勤、在学の方は受付で証明書類をご提示頂くと団体料金になります(他の割引との併用はできません)
主催等主  催 公益財団法人 目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館
企画協力 株式会社クレヴィス
後  援 公益財団法人 北野生涯教育振興会、公益社団法人 日本写真家協会、公益社団法人 日本写真協会
木村伊兵衛作品 監修 田沼武能(写真家)



概要

木村伊兵衛 パリ(1954-55年) ©Naoko Kimura

――木村伊兵衛により、 戦後のパリが色鮮やかに蘇る

東京に生まれ、報道写真やポートレートの名手として日本の写真界を牽引し続けた木村伊兵衛(1901~74年)は、 1954年と翌55年に、日本人写真家として戦後初めてヨーロッパを取材しています。愛用の小型カメラ(ライカ)と 開発されて間もない国産のカラーフィルムを手にパリを訪れ、そこで写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンやロベール・ドアノーらと親しく交流し、その案内で古い通りや市場など、庶民の生活の場を撮影しました。木村がシャッターを切った場面からは、街角の生き生きとした光景や人々の息づかいなど往時のパリの魅力が色鮮やかに蘇ります。  
本展は、木村作品のなかでもとりわけ異色なカラーのスナップ写真 131 点を中心に、1910年から50 年代にかけてパリ留学を経験した当館所蔵の画家たちの作品をあわせて展示します。
念願の洋行を果たした彼らは、ヨーロッパの空気の中で自分の作品を新しい方向へと変えるべく、ひたむきにパリを描き出しました。異国の地を旅するように、写真と絵画、異なる技法によって表された色とりどりのパリの情景をお楽しみください。

Ⅰ パリの街角

木村伊兵衛 パリ(1954年) ©Naoko Kimura

パリに降り立ち、街中ですれ違う何気ない風景を捉えた写真からは、旅の始まりの静かな高揚感が感じられます。
Ⅱ 素顔のパリっ子

木村伊兵衛 ミラボー橋、パリ(1955年) ©Naoko Kimura

下町に生きる庶民の素顔と日常。
街の空気を身に染み込ませ、スナップショットの名手としての本領を存分に発揮しています。
Ⅲ 安らぐパリ

木村伊兵衛 ロンシャン競馬場、パリ
(1954年) 
©Naoko Kimura

余暇を楽しむ人々が醸し出す、親密で和やかな雰囲気。ふとした瞬間の表情を愛情のある目で眺め、撮影しています。
Ⅳ 華やぐパリ

木村伊兵衛 夕暮れのコンコルド広場、パリ(1954年)
©Naoko Kimura

当時のカラーフィルムの性能の限界を模索するように、霧の日や黄昏時のパリを写し出しています。
低感度ゆえの淡い色彩とコントラストによって、パリの情景が幻のように浮かび上がっています。
Ⅴ 目黒区美術館コレクション 「私のパリ」

荻須高徳《サンマルタン通り》1960年、目黒区美術館蔵
©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 E4477

1910~ 50 年代にかけて、多くの日本の芸術家がパリで研鑽を積みました。瞬間を切り取る写真とは異なり、彼らは、街に溶け込む古い建物などを中心に、時間をかけて対象と向き合い、その存在感を独自の色彩で描き出しています。 当館所蔵作品より、藤田嗣治、荻須高徳をはじめ、滞欧期の画家の作品を展示します。
木村伊兵衛 略歴

撮影=田沼武能

1901 年、東京・下谷生まれ。子どものころ、おもちゃのカメラを手にして写真に興味を持つ。1930 年、ライカを入手し、花王石鹼の広告部門でプロ写真家としての活動を開始。雑誌『光画』に発表した東京の下町のスナップショットと、「ライカによる文芸家肖像写真展」で頭角をあらわす。以後、「ライカ使いの名手」として活躍する。 1950年、日本写真家協会初代会長に就任。アマチュアの指導者としても、土門拳とともに「リアリズム写真運動」を推進した。1954 年、日本人写真家として戦後初めてヨーロッパを取材する。1974 年没、享年72。

関連イベント

ミュージアムコンサート (「木村伊兵衛と画家たちの見たパリ 色とりどり」関連イベント)

【販売予定枚数終了のお知らせ】両公演ともに販売予定枚数を終了いたしました。

軽快なリズムやノスタルジックな音色で人気を博すマヌーシュ・ジャズ。パリの街角で聴こえていたかもしれない音楽を展覧会と共にお楽しみください。


日時2022年2月23日(水・祝)
・13:00開演(12:45開場)【追加公演】
・15:00開演(14:45開場)
会場目黒区美術館ワークショップ室
出演河野文彦/ギター・松下幹雄/ギター・阿部恭平/ベース・川又瑞代/ヴァイオリン
チケット料金全席自由2,000円
※チケットご購入の方はコンサート当日に限り、チケットのご提示で展覧会をご覧いただけます。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
チケット取り扱い◆目黒区美術館
・13時開演(追加公演) 予定枚数終了
・15時開演 予定枚数終了  
◆めぐろパーシモンホール
・13時開演(追加公演) 予定枚数終了
・15時開演 予定枚数終了

河野文彦/ギター 
Fumihiko Kono,Guitar

ギタリスト、作編曲家。2012年に1stアルバム「F」を発表。マヌーシュ・ジャズ・ユニットTokyo Django Collectiveで「ジャンゴ・アムステルダム」(オランダ)、「エディンバラ・ジャズ祭」(スコットランド)、「東京ジャズ」に出演。2017年と2018年にフランスのギタリスト、Adrien Moignard氏とのコラボで国内ツアーを行い、スタジオ録音したアルバムも発表する。スクリーントーンズのメンバーとしてドラマ「孤独のグルメ」などの音楽を手がけ、これまでに日本各地、台湾、上海でライブを実施。

松下幹雄/ギター 
Mikio Matsushita,Guitar

大阪府大阪市出身。14歳でギターを始め、22歳で矢萩秀明氏に師事。オリジナル楽曲の演奏を中心に都内近郊で活動。また、様々なアーティストとセッションやコラボ、レコーディング、ライブサポート、楽曲提供、編曲、プロデュースなども精力的に行う。他にも町興しイベント、お祭り、テーマパークでの演奏、ブライダル関係やカフェでの演奏、イベントの主催など活動は多岐にわたる。MMRooms♪ミュージックスクール、世田谷音楽院、ギター&ウクレレ科講師。

阿部恭平/ベース 
Kyohei Abe,Bass

神奈川県横浜市出身。16歳よりエレクトリック・ベースを始め、22歳からコントラバスを始める。2006年渡仏。Samy Daussatのセッションのホストを務めるうちに多くの地元ミュージシャンと交流を深める。オーケストラ・ド・コントラバスのリーダー、Christian Gentetにフレンチ弓の奏法を中心に師事。パリ・オペラ座首席コントラバス奏者、Daniel Marillierのマスタークラス受講。Django Tokyo Festivalなど数多くのライブに参加。

川又瑞代/ヴァイオリン 
Mizuyo Kawamata,Violin

ピアノ、ヴァイオリンをスズキメソードにて始める。中学・高校時代はパーカッションを経験。尚美学園大学にてヴァイオリンを専攻し、中澤きみ子氏に師事。大学時代に偶然手にしたDjango ReinhardtとStephane GrappelliのCDに魅了され、ジャズを始める。Festival Django Reinhardt出演(2018年/2019年)。海外のミュージシャン達とのセッションを重ねながら、国内でも様々なアーティストとの共演等幅広く活動。ジプシージャズバンド‘Osaka Hot Jazz Quartette’のリーダー。

講演会「木村伊兵衛のパリを語る」【申込受付終了】

田沼武能さんは、東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業後サン・ニュー ス・フォトス社に入社し、木村伊兵衛の助手として写真家人生をスタートしまし た。写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンと木村伊兵衛の出会いや、彼から紹 介された写真家ロベール・ドアノーとの親交など、木村伊兵衛がいかにパリの町で人々を写したのか、本展出品作品の撮影の舞台裏を助手の視点からお話しいただきます。

タイトル講演会「木村伊兵衛のパリを語る」
日時2022年2月27日(日)14:00~15:30
講師田沼武能(写真家、本展監修)
会場目黒区美術館 1階 ワークショップ室
参加費無料(ただし当日有効の展覧会鑑賞券が必要です。)
対象高校生以上
定員30名(事前申込制・多数の場合は抽選)
申込方法申込受付は終了しました。
講師プロフィール(田沼武能)

1929年、東京・浅草生まれ。東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業。サン・ニュース・フォトスに入社し木村伊兵衛に師事。『藝術新潮』等で文化人の肖像を数多く撮影。1966年から米タイム・ライフ社の契約写真家として、フォト・ジャーナリズムの分野でも活躍。ライフワークとして世界の子供たちの撮影を始め、黒柳徹子ユニセフ親善大使の援助国訪問には1984年の初回から全てに同行。これまで120カ国を超える世界中の子どもたちを撮影してきた。写真集に『すばらしい子供たち』『武蔵野』『アンデス讃歌』『文士の肖像』など多数。2019年、写真家として初めて文化勲章を受章。

オンラインでパリ観光 ―芸術家の足跡を巡る旅 【申込受付終了】

木村伊兵衛が夢中で撮影したメニルモンタンやモンパルナス、藤田嗣治をはじめ、多くの芸術家が集ったカフェ、ル・ドームやラ・ロトンド。華の都パリには、日本の芸術家たちを魅了した場所がたくさんあります。フランス文化の専門家・白井智子さんより、本展出品作品に表現されている往時のパリについて、時折グルメのお話なども織り交ぜながら、お話しいただきます。 コロナ禍でなかなか海外旅行ができない今、彼らが赴いた場所や街をオンラインで巡ってみませんか?

タイトルオンラインでパリ観光  ―芸術家の足跡を巡る旅
日時2022年3月19日(土)14:00~15:30
講師白井智子(姫路日ノ本短期大学客員教授・姫路日仏協会会長・神戸大学研究員)
実施方法オンライン(Web会議ツール「Zoom」を使用)
参加費無料
対象高校生以上
定員50名(事前申込制・先着順)
申込方法定員に達したため申込受付は終了しました。

大人のための美術カフェ

日時2022年3月26日(土)
・14:00~14:30(開場:13:50)
・14:45~15:15(開場:14:35)【緊急追加開催決定!】
ナビゲーター誉田あゆみ(当館学芸員)
参加定員:各回30名(当日先着順・席に限りがあります)、参加費無料(ただし、高校生以上の入場には当日有効の本展観覧券が必要です)
会場: ワークショップ室(本館1階)
※各回共に当日12:30よりラウンジ(1階カフェスペース)で整理券を配布し、定員になり次第、受付を終了。
※整理券は、一人につき一枚の配布となります。
ページの先頭へ