ベルナール・ビュフェ展 − 『木を植えた男』の著者ジャン・ジオノとの出会い
同時開催 所蔵作品を中心に 「藤田嗣治 − 東京・ニューヨーク・パリ」

ビュフェ《風景》1951
© ADAGP,PARIS & SPDA, Tokyo,2009
2010/2/11(木・祝)〜4/11(日)
*月曜休館(ただし3月22日(月)開館、3月23日(火)休館)

主催:
(財)目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館
特別協力: ベルナール・ビュフェ美術館(予定)

観覧料:
一般800(600)円、大高生・65歳以上600(500)円、中小学生無料
*( )内は20名以上の団体料金、障がい者とその付添者1名は半額




ベルナール・ビュフェ展 − 『木を植えた男』の著者ジャン・ジオノとの出会い
ベルナール・ビュフェは(1928〜1999年)はパリ生まれ.。 第二次世界大戦中は占領下で絵画を学びました。戦後にアンデパンダン展、サロン・ドートンヌに出品、19歳の時に批評家賞を受賞して、一躍、フランス美術界の具象絵画における時代の寵児となります。
しかし、華々しい成功の陰で、ビュフェは戦争の悲惨さや都会の荒廃に傷ついた心を抱えてもいました。22歳の時、突然、「木を植えた男」の原作者、55歳の反骨の文学者ジャン・ジオノの住むプロヴァンスを訪れます。ジオノの家に滞在し親交を深めたビュフェは、その後も約5年間この地に住み続けました。
そこから生まれた挿画本「純粋の探求」は、戦前にジオノが「純粋に平和を探求しよう」と主張したことから反戦的とされ出版禁止となっていた文章に、15年後の1953年、ビュフェが23点の挿画をつけたもので、二人の精神の交流の深さを示しています。ジオノが「木を植えた男」を執筆したのも同じ頃のことでした。
本展では、ベルナール・ビュフェ美術館のご協力により、この時期、1950年代までの深い精神性や宗教性を示す多数の初期油彩をご覧いただきます。これらの作品には、ビュフェの創造の原点を見ることができるでしょう。そして、ビュフェが大きな影響を受けたジャン・ジオノについても明らかにしていく予定です。 日本では、1959年神奈川県立近代美術館、1963年東京国立近代美術館でビュフェ展が開催されましたが、2009年は没後10周年として各地で注目されています。

ビュフェ《化粧する女》1947
© ADAGP,PARIS & SPDA, Tokyo,2009

ビュフェの初期の作品は、室内や、自画像など抑えた色調で描かれ、深く内面に向かって、戦争の悲惨さと戦後の価値観の変転、精神性の荒廃に対する静かな抵抗を物語っています。本展は、これらビュフェの主張が最も純粋で秘めた力を示していた時代の珠玉の作品で構成。ビュフェの追悼展以来、ビュフェ美術館から門外不出だった大作「キリストの十字架からの降下」(油彩、カンヴァス、1948年、180×270cm)はじめ、日本の美術館では初出品の油彩大作「サーカス」(295×260cm、1955年)、「赤い鳥」(241×282cm)など、1940年代の初期作、1950年代の油彩約50点、版画約20点、水彩2点、版画集「純粋の探求」(ジャン・ジオノとのコラボレーションの挿画本) などをご覧いただきます。

ビュフェ《パンと皿の静物》1949
© ADAGP,PARIS & SPDA, Tokyo,2009


矢萩喜從郎デザインによる
ユニークで美しいカタログもお楽しみください!
こちらからもご注文いただけます
藤田嗣治−東京・ニューヨーク・パリ
同時開催で所蔵作品を中心とした「藤田嗣治展」を開催いたします。藤田嗣治(レオナール・ツグハル・フジタ、1886〜1968年)は、第二次大戦前に日仏画壇での地位を得て、戦中は日本に帰国しました。戦時中は迫力ある戦争画を描きますが、終戦後批判を受け、傷心のままにアメリカ経由でようやくパリに戻り、その後フランスに帰化しました。
本展では、目黒区美術館の所蔵作品である「シャーマン・コレクション」(蒐集家フランク・シャーマン旧蔵のコレクション)の水彩、版画、絵手紙、陶芸などを中心に、1924年の作品「動物群」(油彩)や関連作品、同年の「10人のこどもたち」(油彩)で構成いたします。 藤田とビュフェは、パリの具象画家として、パントル・グラヴュール(画家にして版画家)として、また特筆すべき描線の画家として通じるところがあり、両作家により都市的なフランスの美術の流れを知り、絵を描くことが生きることそのものであった画家たちを新たな視点でご覧いただきます。
催し物(講演)めぐろアートウイーク参加事業
新井満さんの文学と美術のお話 ビュフェとジオノ
若き天才画家ベルナール・ビュフェと、
『木を植えた男』の作家ジャン・ジオノは、なぜ出会ったのか?!

2010年2月28日(日) 午後2:00〜3:30
会場 目黒区中小企業センターホール(目黒区民センターホール)
(目黒区目黒2-4-36 目黒区美術館と同敷地内)
参加費 1名1000円(目黒区美術館で開催の「ベルナール・ビュフェ展」観覧券1枚付)
チケットをご購入ください。

新井 満 (あらい まん)
作家、作詩作曲家。1946年新潟市生まれ。1988年『尋ね人の時間』で芥川賞を受賞。 2003年11月に発表した写真詩集『千の風になって』(講談社)と、それに曲を付け自ら歌唱したCD『千の風になって』(ポニーキャニオン)は現在もロングセラーを続けている。同曲で2007年レコード大賞作曲賞を受賞。著書多数。近著に文庫版の自由約シリーズ『般若心経』『老子』『イマジン』(以上朝日新聞出版)『木を植えた男を訪ねて』(講談社)などがある。 公式ホーム・ページ 「マンダーランド通信」

めぐろアートウィーク
たくさんの専門家・愛好家によって様々芸術文化活動が展開されている目黒区。その特色を生かして、たくさんの方に芸術文化に接し、親しんでいただく芸術文化イベントです。
期間 2010(平成22)年2月14日(日)−3月22日(月・祝)
お問い合せ 目黒区教育委員会 03-5722-9682


チケット取り扱い

チケット販売場所 電話予約 窓口営業
目黒区美術館 受付
(10:00-17:30)
めぐろパーシモンホール チケットセンター 03-5701-2904 (10:00-19:00)
チケットぴあ 0570-02-9999
めぐろパーシモンホールチケットセンター、チケットぴあは電話予約可能。美術館受付は窓口のみの販売です。
展覧会観覧券はご来館時に美術館受付でお渡しいたします。美術館以外でご購入の場合はチケットを受付にご提示ください。


講演会「ベルナール・ビュフェの生涯と作品」
2010年3月7日(日)午後2:00〜
出演 木村由香(ベルナール・ビュフェ美術館学芸員)
会場 目黒区美術館 ワークショップ室
定員 80名(定員になりしだい締め切り) 事前申込制
参加費 無料(ただし「ベルナール・ビュフェ展」当日観覧券が必要です)

対談「日本帰国時の藤田嗣治」
2010年3月28日(日)午後2:00〜
出演 藤田嗣隆(平野政吉美術館理事・学芸員)× 矢内みどり(当館学芸係長)


申込方法

メールまたはファックスで、希望のイベント名、住所、氏名、電話番号、ファックス番号、メールアドレスを明記して、「ビュフェ展 イベント係」宛にお申し込みください。
メールはこちらから
Fax. 03-3715-9328


目黒区美術館
〒153-0063 東京都目黒区目黒2−4−36
TEL.03-3714-1201(代表)
担当: 矢内みどり、石崎尚(学芸)/小比類巻由乃(事務)